重労働で夜勤が辛すぎて辞めたいと思った!

ナースはどうしてもスタミナ勤めだ。何よりも辞めたいという気持ちになったのはビジネスが過酷な上に夜勤がどうしても辛いです。昼夜逆襲の生活になってしまうと秘密も無くなってしまうようなものです。親子や周りとの時間も減ってしまいます。わたしがこれはもう辞めたいって決心したのは、女の病状が悪賢いステージでした。熱量でうなされている女を一人記した通りナースとして夜勤へ行かなければならなかったシーンだ。わたしはナースという専業なのだから、目の前で母が病に倒れていたら看病したい、手つだいたいという気持ちになります。でもそうはいきません。代わりに夜勤へ出て得る自分はいないですから、どれだけ母の体調が悪くても、夜勤へ向かわなければならないのです。さらにそのビジネスもハードで、中休みもほとんど取れなくなるほどだ。病院での勤めは生活何が起きるかわからない見通し不可能ものですから、精神的にも厳しい歳月が長くなってしまう。身体だけでなく、脳裏も壊れてしまうのではないかという懸念がありました。親子よりも、勤めがプライオリティーとなってしまう事情が必ず辛いです。わたしはそれが原因で、ナースを辞めてしまいたいといった激しく想うことが何度もありました。

Copyright© 2010 大阪の看護師求人|看護師求人サイト口コミランキング All Rights Reserved.